2015年10月31日

公式大会 参戦、観戦を踏まえてのポジション別ベストイレブン GK編

公式大会も10月開催が本日で終了となり、いよいよ後半戦です。

既に抜けられている猛者もこれから参戦しますというかたもいるかとは思いますが、
私が参戦した3回と見学した3回を踏まえて、ポジション別にベストイレブンを選んでみたいと思います。
あくまで、私が見ている6回分のデータのみという点と私目線での主観が入っておりますのでその点は考慮して読んでいただけるようお願いします。

1回目の今回はGK編です。

まず、GKに関しては白でいくのかレア枠をさくのかという話からですが、結論は白です。
レアを使っているチームは非常に少なく1大会に1名もいない感じでした、理由は明確で大会モードだとGKが全般に強く、白で十分だからです。

それでは白で候補を挙げていきます。

まず、起用率断トツの1位はハンダノビッチ、バージョンは13-14もしくは14-15 OEです。
やはり、NEW8対応でスーパーセーブを連発、更にスピード12とは思えない身軽さは魅力です。
万が一PKキーパーを投入できない展開になってもそれなりに戦えるのもありがたいところです。

続いて2番手を争っていたのがベナーリオとケイラー・ナバスです。
前者は排出時から不動の優良白として君臨しており、今バージョンでもスーパーな動きをする1枚となっています。しかし、ハンダノビッチもスーパーなため、起用者が減っている印象でした。

もう1枚のナバスはレアル所属で数値も優良ということで大会でも割と見かけ、1大会に最低でも1チームくらいはいる印象でした。
私もナバスを起用して大会に臨んでみましたが、正直、ハンダノビッチの方が良いと思います。
通常時に起用する限りではワートロ等の対人でもビッグセーブを連発し、コーナーキックの処理等も育てば安定しています。

しかし、大会モードでは動きが一変します。

まず、試合中のセービングですが反応は非常に良いですが、至近距離のシュートは体に当ててもそのままゴールに入るパターンをたびたび見かけます。
コーナーキックの処理も稀にポロリがあったり、キャッチする振りをしてヘディングをズドンと決められたりします。

そういった意味ではハンダノビッチの方が安定だと思います。

ベストイレブンの結論
ハンダノビッチ(13-14)

あくまで、私の個人的な意見ですのでご了承ください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
WCCFブログまとめサイト
WCCFブログあんてなに参加しています。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
posted by リケルメ at 07:07| Comment(2) | wccf チーム案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月30日

ボランチ3枚を決めました

皆さんにアドバイスをいただき、色々と考えた末にボランチ3枚を決めました。

まず、ラサナは当初の計画に戻し外すことにしました。
理由としてはビダルが予想以上に使える目途が立ったためです。

そして、選んだ3枚はフラミニ、ハーグリーブス、ロムロで行こうかと思います。
個人守備はチアゴ・シウバがいるので特に必要ないと思っているので、フラミニは13-14のハードプレスを使います。
控えにシモンズとビリアを入れて、後半の頭にロムロとシモンズを入れ替えて、後半途中でフラミニをビリアに交代予定です。

後はスタメンの配置ですが、左にフラミニ、真ん中にハーグリーブス、右にロムロで予定しています。
とりあえず、ロムロは右しか出来ないので確定なのですが、フラミニとハーグリーブスは悩みました。
調子が悪ければ二人のポジションは入れ替えるかもしれないです。

後、マルドナードは気になりましたが、NEW8の関係と現バージョンで使ったことが無いので残念ながら見送りましたが、お試しチームにて使ってみる予定です。

皆様のコメントを参考にしたおかげで良い人選が出来ました。
ありがとうございました。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
WCCFブログまとめサイト
WCCFブログあんてなに参加しています。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
posted by リケルメ at 07:05| Comment(3) | wccf チーム案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月29日

テリー、チェルチ、ミュラー、電撃アーケードは渋い付録が多いですね

タイトルにある通りなのですが、今回の電撃アーケードの付録はSOCジョン・テリーで確定のようです。

電撃アーケードは過去に遡ってもSOCテリー、SOCチェルチ、SOCミュラー、白エル・シャーラウィ、ENSウォルコット。13-14の付録はかなりじみ〜な面々となっています。

敢えて挙げるならミュラーが過去最高数値で90を超えている以外は全て微妙な選手たちとなっています。
後はウォルコットが怪我が癒えてからブレイクしつつあるのが救いと言う感じですかね。
数値は低いですが・・・

SOC ジョン・テリー
10/20/13/18/11/15 total87
KP マンツーマンディフェンス

ディフェンス20で契約的にも排出されても次バージョンまでなので、晩年を代表する1枚になる可能性がありますね。
デザインもまずまず良いのでテリーが好きなら勝っても良いのかなと思います。



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
WCCFブログまとめサイト
WCCFブログあんてなに参加しています。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
posted by リケルメ at 19:54| Comment(0) | wccf 13-14 カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする